ホップ種のパン教室を探して・・・

「ホップ種のパンをレッスンしているお教室はあるのかなぁ?」

ネットで検索して綱島のアルーチパン教室の岡本先生がホップ種の山食パンのレッスンを開催されていることを知り、迷わず申し込みました。

(アルーチパン教室の岡本先生とは、2014年の桜美林大学の公開講座、堀田誠先生の「りくつのつくり」という夜のセミナーで数ヶ月ご一緒したことがありました。尊敬する先生のおひとりです。

その講座で、岡本先生はいつも一番前の席でとても熱心に受講されていました。

堀田先生と岡本先生とのディスカッション熱くてレベルが高すぎました。

私はといえば、堀田先生のマニュアックな理屈論の「り」くらいしか理解出来なかったかも)

 

そんなプロフェッショナルな岡本先生のホップ種の山食パンレッスンを受講して、ホップ種の作り方を初めて知りました。

 

岡本先生のホップ種のおこし方は、志賀シェフの6日間でおこす量を少量にされたレシピでした。

「ホップ種おこしは、6日間もかかるのか、、、」

「私に、出来るかしら、、、」

結局、自分でホップ種を起こすことなくまた数カ月が過ぎました。

つづく・・・

miwako

2017年03月01日 | Posted in パン | | Comments Closed 

関連記事